HOME | 経理情報 | 業務ご案内事務所ご案内役立ちコーナー| お問い合せ
 会計用語集 
現金主義・発生主義
 
 現金主義とは、費用・収益の認識を現金の収支という事実に基づいて認識する方法です。つまり現金主義会計は収益を現金収入時において費用を現金支出時において,収入あり、又は費用支出ありと認識します。客観性の高い認識基準であり、期間損益計算も客観性が高くなります。

 しかし現金主義会計は、棚卸資産の期末在庫や機械設備が存在しない、もしくは存在していたとしても重要性が低くく、かつ取引のほとんどが現金で決済される企業でなければ制度会計上その採用は認められていません。


 
 発生主義とは、費用・収益の認識を現金収支という事実ではなく、収益や費用を発生させる経済価値の変動の事実に基づいて認識します。

 即ち、費用の支払が確定したとき、及び収入することが確定した時に、費用・収益ありとする認識基準です。

 掛取引など現金を伴わない信用取引があった場合などは、未だ現金入金はありませんが、売上高(収入)を認識し(計上し)、それとともに売掛金という債権を取得したと認識します。               仕訳: 売掛金 / 売上高

企業会計原則では、

A 発生主義の原則

 すべての費用及び収益は、その支出及び収入に基づいて計上し、その発生した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない。
 ただし、未実現収益は、原則として、当期の損益計算に計上してはならない。
 前払費用及び前受収益は、これを当期の損益計算から除去し、未払費用及び未収収益は、当期の損益計算に計上しなければならない。


と規定されています。 発生主義が適用される会計処理について、企業会計原則では、以下のものがあります。

  • 費用の繰延(前払費用)
  • 収益の繰延(前受収益)
  • 費用の見越(未払費用)
  • 収益の見越(未収収益)
  • 固定資産の減価償却
  • 繰延資産の計上
  • 貸倒引当金の計上
  • 退職給付引当金の計上

 上記のような合理的な期間帰属を通じて、正しい期間業績を把握しようとすものです。

 しかし発生主義会計は必ずしも現金の収入という貨幣性資産の裏付けのある収益を認識するわけではないため、貨幣性資産(即ち現金)の動きとは一致しないため、キャッシュフローに注意する必要があります。


                                                       (2009/8/22)

〒983-0835 宮城県仙台市宮城野区大梶12-23-1101
  平野由紀子税理士事務所
TEL 022-293-2385 FAX022-298-6713 
HOME