This webpage was protected by ANTIDOTE for PC HTMLProtector / このページは、ANTIDOTE for PC HTML Protector によって特殊保護されています。
HOME | 財産評価
賃貸マンション建築
画像挿入セル
土地を何にも利用せず更地状態の場合には、土地評価は自用地評価とされ、評価減されることはあまりありません。
 賃貸マンションを建設することにより、土地の評価は自用地から貸家建付地となり、だいたい20%〜40%前後の評価減となります。
 今までなかったマンション本体を建設することにより、貸家という財産が増加しますが、その原資となった現金が減少し、あるいは債務が増加し、結果トータルで課税財産そのものの減少となります。
 しかしながら、マンションからの家賃収入がオーナーの預金となって蓄積されてくると節税効果はあまりなくなってしまう場合もあります。
 またマンションの建築の仕方によっては、また評価減となる金額が異なってきます。
どこに、どのようなマンションを建設するのか十分検討が必要と思います。

 個別のシミュレーションが必要と思います。