This webpage was protected by ANTIDOTE for PC HTMLProtector / このページは、ANTIDOTE for PC HTML Protector によって特殊保護されています。
HOME

Q 源泉徴収税額表の種類と使い方

    A
○源泉徴収税額表の種類と使い方

 給与を支払うときに源泉徴収する税額は、その支払の都度、「給与所得の源泉徴収税額表」を使って求めます。
 この税額表には、「月額表」と「日額表」と「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」の3種類があります。
 
1 、「月額表」を使う場合

 「月額表」を使うのは、給与を毎月支払う場合です。また、月や旬を単位にして支払う給与も「月額表」を使います。
 例えば、半月ごとや10日ごと、3か月ごと、半年ごとなどに給与を支払う場合です。

2 、「日額表」を使う場合

 「日額表」を使うのは、給与を働いたその日ごとに支払う場合です。また、一週間ごとに支払う給与も「日額表」を使います。
 このほか、日割り計算して支払う給与も「日額表」を使います。

3、 「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」を使う場合

 この表は、ボーナスを支払うときに使います。
 しかし、ボーナスを支払う場合でも、「月額表」を使う場合があります。
 それは、前月に給与を支払っていない場合とボーナスの金額が前月の給与の金額の10倍を超える場合です。

 源泉徴収をする所得税は、使う税額表に記載されている「甲欄」か「乙欄」又は「丙欄」で税額を求めます。
 「給与所得者の扶養控除等申告書」が提出されている場合には「甲欄」、提出がない場合には「乙欄」で税額を求めます。
 「丙欄」は「日額表」だけにあり、日雇いの人や短期間雇い入れるアルバイトなどに一定の給与を支払う場合に使います。

○パートやアルバイトの源泉徴収

 パートやアルバイトについて、仕事をした日数や時間数によって、給与を支払うことがあります。
 この場合の給与から源泉徴収をする所得税額については、「日額表」の「丙欄」を使って求めることがあります。
 それは、給与を勤務した日又は時間によって計算していることのほか、次のいずれかの要件に当てはまる場合です。

(1)  雇用契約の期間があらかじめ定められている場合には、2か月以内であること。

(2)  日々雇い入れている場合には、継続して2か月を超えて支払をしないこと。

 したがって、パートやアルバイトに対して日給や時間給で支払う給与は、あらかじめ雇用契約の期間が2か月以内と決められていれば、「日額表」の「丙欄」を使うことになります。
 なお、最初の契約期間が2か月以内の場合でも、雇用契約の期間の延長や、再雇用のため2か月を超えることがあります。
 この場合には、契約期間が2か月を超えることとなった日から、「日額表」の「丙欄」を使うことができません。
 したがって、給与を支払う期間に応じ定められている税額表の「甲欄」又は「乙欄」を使って源泉徴収する税額を求めることになります。

(所法185、所令309、所基通185−8) (2005/10/13)


〒983-0835 宮城県仙台市宮城野区大梶 平野由紀子税理士事務所
       
TEL022-293-2385