HOME コラム |相続Q&A | |お問い合せ|
相続税 Q&A
Q1 子供名義の預金でも相続財産になる場合があるそうですが・
Q2 相続人同士で争いがあり、相続財産の全容が判明しません。申告したいのですが、申告ができません。
Q3 養子の数の制限とはなんでしょうか?
Q4 養子が居る場合は、法定相続人の数に制限があるそうですが、養子でも制限を受けない場合もあると聞きました。
Q5 被相続人の預金口座から引出をしようとしたら銀行から断られました。どうしてでしょうか?生前に引き出せばよかったのでしょうか?
Q6 保険契約では保険金受取人を子供のAとしていたが、遺族の話し合いでその保険金は妻乙が取得する方が良いのではないかということになりました。この場合生命保険金等の非課税の適用を受けることができるでしょうか?
Q7 保証債務は債務控除として控除可能でしょうか?
債務者のA社は、弁済不能状態であり、被相続人が債務を履行しなければならいない状況です。またB社に求償しても返還を受ける見込みはありません。
Q8 甲は、銀行から借入れを行ったが、高齢であることから、甲の子供のAが連帯債務者となりました。
借入金は、Aの口座に入金された後、Aの財産の取得に充てました。債務の残額の全額を債務控除として良いでしょうか?
Q9 遺産分割費用として弁護士に300万円支払いました。この費用は相続財産から支出して良いでしょうか?またこの費用は債務控除として控除できるのでしょうか?
Q10 父は生前に弁護士と遺言の執行を委任内容とした契約を締結していたとのことです。その父の死亡後、その弁護士は遺言執行者として任務を遂行したため、その報酬を支払いました。
この費用は相続財産から支弁されるものであることから、相続税の計算においても債務控除ができるのではないかと思っておりますが・・・
Q11 相続人がいない場合には、財産はどのようになるのでしょうか?
Q12 代償分割とはどのような制度でしょうか?
Q13 第二次相続の場合の方が、相続税額が多くなると聞きましたが、本当でしょうか?
HOME
  
〒983-0835 宮城県仙台市宮城野区大梶12-23  平野由紀子税理士事務所