This webpage was protected by ANTIDOTE for PC HTMLProtector / このページは、ANTIDOTE for PC HTML Protector によって特殊保護されています。
HOME |相続Q&A main |
 
Q3 養子の数の制限とはなんでしょうか?
    A
遺産に係る基礎控除額は、「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」]の算式で計算します。
つまり法定相続人の数が多くなると、基礎控除額が大きくなるので、養子をとって法定相続人を増やすことは相続税の節税になります。
しかしこの算式の法定相続人の数に算入できる養子の数には制限があります。実子がない場合は2人まで、実子がある場合は1人です。それ以上の養子がいても、法定相続人の数に算入しないことになっています。

 ご注意頂きたいのは、この措置はあくまでも税法上の措置であって、養子縁組の効力や養子としての地位を否定するものではありません。相続税を計算する上での制限でしかありません。

 養子の数の制限に関する相続税法上の規定は、次の4項目です。
 @生命保険金等の非課税限度額の計算
 A退職手当金等の非課税限度額の計算
 B遺産に係る基礎控除額の計算
 C相続税の総額の計算
(2004/1/21)



HOME