HOME ||
交際費等 
交際費等の意義
 
 交際費等とは、交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出するものをいい、下記に掲げる費用のいずれかに該当するものは除かれます。

1.
専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行等のために通常要する費用

2.
飲食その他これに類する行為のために要する費用(専ら当該法人の役員若しくは従業員又はこれらの親族に対する接待等のために支出するものを除く。)であつて、その支出する金額を基礎として政令で定めるところにより計算した金額が政令で定める金額以下の費用
3.
前2号に掲げる費用のほか政令で定める費用                       (措法61条の4)

 この交際費等のために支出した金額は、資本金1億円以下の中小法人をのぞいて、原則として損金計上(税法上の経費)が出来ないことになっています。
交際費の範囲例
■飲食の場合
内     容  取 扱
特定客を招待した記念パーティー、接待ゴルフでの飲食   交際費   
懇親目的  社内の役職員同士の飲食
取引先等との
飲食
1人5000円超
1人5000円以下 交際費
から除外
 従業員対象の年中行事の飲食 福利厚生費
会議の席での昼食程度の飲食 会議費等
応接場所にて来客を対応する場合の茶菓等
■具体例
 @  取引先と飲食をするためにタクシーで移動   交際費 
 A  料理屋で食事    一人当たり5000円以下    交際費から除かれる 
   一人当たり5000円超   交際費
 B  再度タクシーで移動    交際費
 C   スナックで飲食    一人当たり5000円以下    交際費から除かれる 
   一人当たり5000円超   交際費
法人税解説
mainへ
〒983-0835 宮城県仙台市宮城野区大梶12-23
 平野由紀子税理士事務所

TEL022-293-2385  FAX 020-4623-3343  
HOME