HOME | お問合せ|||||
資金繰り

A
 
 資金繰りは経営者が気遣うべき重要項目です。黒字倒産があるくらいですから、資金が必要な時、どれくらい資金を引っ張って来られるかが、社長としての器とも言えなくもありません。
 
 経営者は人格が大切ということも否定はしませんが、人の良い経営者が人が良いから会社を倒産させている例は沢山あります。
 会社を経営すると言うことは、「利益追求」であり、「利益確保」です。そのための手段として、社内の結束力とか、社内の和などがあるのです。 

 税務署は過大な役員報酬を、否認する場合もありますが、銀行はプラス項目と捉えます。それは会社資産は少なくても、社長の個人資産が相応にあるであろうと思うからです。
 
 事実、中小企業が資金繰りに困った場合、真っ先に資金提供するのは社長自身なのです。社長しかいない、と断言しても良いかもしれません。役員報酬は、会社へ資金提供するためのものとも言えるのです。

 資金繰りを改善するための手法は、いくつかあります。それは資金繰りが悪化した場合に使うものです。私が経営者に考えて欲しいのは、資金繰りが悪化しないように、或いはそのような手法を使わずにすむように、状況の良いときに、状況が悪くなった時のことを考えて頂きたいと言うことです。

 資金繰りが悪化すると、大変忙しくなります。なぜなら、資金調達のために動かなければなりませんし、支払の交渉もしなければならないからです。
 今まで、営業活動や社内の管理活動に使えていた時間が、資金調達のために時間がとられてしまうのです。

 当然、本来活動のための時間が減りますから、売上が減少してきたり、粗利が落ちてきたりします。
 このように、会社の状況が悪くなるときは、坂を転げ落ちるように悪化して行くのだということを肝に銘じておくべきです。

 資金がショートしないよう、常に気を配りましょう。
 資金が過剰にある時には、何に変化させておくべきかを正しく判断しましょう。

 事業が上手く行っているときは、それなり人が集まってきて、社長の経営感覚を麻痺させてしまいます。役員報酬を多額に確保することによって、家族の金銭感覚が麻痺することもあります。

 常々経営者は、資金について考え、その考えを社員に、或いは家族に徹底させる必要があります。
 特に家族に資金の大切さを理解して貰わないと、贅沢が止められない家族に苦しみ、更に二代目の育生に失敗します。家族円満、即ち順風な会社経営ではないいことを知るべきです。
 少々冷たい言い方かもしれませんが、会社の経営はそれほど簡単ではない、ということです。

 資金、即ちお金です。このお金は、魔物なのです。そのことを忘れずにいて欲しいと思います。

(2008.11.7)

     


HOME

〒983-0835 仙台市宮城野区大梶12-23-1101
TEL022-293-2385 FAX020-4623-3343
平野由紀子税理士事務所